副業で稼ぐ仕組みの作り方

ワードプレスの設定2【インストール】

ワードプレスのアップロードが完了すればいよいよインストールです。ワードプレスのインストールはこれだけ?と思ってしまうような内容です。ではインストールを方法を公開致します。

データベースの作成

データベースと聞くだけで難しく感じますよね。ここではデータベースを直接いじるわけではないので非常に簡単です。

まずはコントロールパネルにアクセスします。

左側のメニューのアプリケーションの設定内の、データベースの設定をクリックします。

次にデータベースの新規作成をクリックしてください。

記入する項目は「データベース名」に好きな文字列、データベース文字コードを「UTF-8」にし、データベースを作成するをクリックしてください。

こちらの画面に先ほど作成したデータベースが出来ていれば完了です。ワードプレスのインストールする際に使用するのがありますので以下をメモしてください。

  • データベース名
  • データベース ユーザ名
  • 接続パスワード
  • データベース サーバ

ワードプレスのインストール

ワードプレスのアップロードが完了していない方はこちら

ワードプレスのアップロード

ワードプレスのアップロードが終わりましたら次はドメインにアクセスしてみてください。このブログのドメインですと、「https://www.moco358.com」になります。

アクセスするとこの画面が出ますので「設定ファイルを作成する」をクリックして次に進んでください。

この画面でも同じように「次に進みましょう!」ボタンをクリックしてください。

この画面では先ほどデータベースの設定時にメモした内容を記入していきます。

ワードプレス データベースの設定の内容
データベース名 データベース名
ユーザー名 データベース ユーザ名
パスワード 接続パスワード
データベースのホスト名 データベース サーバ

全て記入しましたら「作成する」ボタンをクリックしてください。

こちらの画面でも「インストール実行」をクリックしてください。

これでいよいよワードプレスのインストールを実行します。

サイトタイトルはブログのタイトル、ユーザー名はログイン時のアカウント名、パスワードとメールアドレスを記入して「WordPressをインストール」ボタンをクリックしてください。

こちらでインストールの完了です。

ワードプレスにログイン

先ほどの画面のログインをクリックしてください。

ユーザー名、パスワードは先ほど記入した内容を記入し、ログインボタンをクリックして下さい。

こちらの画面が表示されましたらワードプレスのインストールは全て完了です。

関連記事

  1. 自動的にホームページがIE7の表示になってしまう対応方法

  2. プラグインのインストール方法【ワードプレス】

  3. contact form 7で自動返信メールのカスタマイズ

  4. ワードプレスで短縮URLが使えるPretty Link Lite

  5. アフィリエイト用リンクをクリックされやすくするテクニック

  6. SEO対策で絶対にしてはいけない事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP