副業で稼ぐ仕組みの作り方

ユーザーIDで分岐させる方法 WordPress

ワードプレスを使ったサイトを構築中にユーザーによる分岐をするケースもありますよね。

はじめに

記事の投稿者が管理者の場合とそれ以外の場合で表示させたいなと思いカスタマイズしてみました。

注意事項

PHPをいじるので必ず実験後にアップしましょう。

こういった条件で使えます

例えば、まずワードプレスの管理者が各ページを作成し、その後ユーザー登録して頂いた方に投稿したページを編集して頂くと言うケースです。


<?php
$post = get_post($post_id);
if ($post){
	$author = get_userdata($post->post_author);
	if ($author->ID != "1"):
?> 

ユーザーIDが1以外の場合ここの内容が表示されます

<?php 
endif;
}
?>

こうする事によってユーザーIDが1の場合は何も表示されず、逆に1以外の場合は内容に表示されるようになります。

管理者から別の人に記事の権限が移ると内容が表示されると言うアイデアから生まれた分岐です。何かに活用してやって下さい。

反対にする場合

PHPを勉強している人であれば上記の内容を反対にするのは簡単ですよね。


<?php
$post = get_post($post_id);
if ($post){
	$author = get_userdata($post->post_author);
	if ($author->ID == "1"):
?> 

ユーザーIDが1の場合ここの内容が表示されます

<?php 
endif;
}
?>

こうする事で、ユーザーIDが1の場合のみ表示させると言う事が出来ます。

以上でWordpressのユーザーIDで分岐させる方法の紹介を終了いたします。

さいごに

色々な分岐の方法がありますね

新しいサイトを構築中ですが、今回は色々な分岐をしているので非常に勉強になっています。PHPは知れば知るほど面白いので、良い暇つぶしになりました笑

カスタムフィールドでの分岐、ページごとの分岐、ユーザ-による分岐と色々な方法があるんだなと。

本当はもっと本格的にやっていきたいのですが、本業が忙しくなってきたので稼げる副業に時間が割けるようになってきたら再度色々と挑戦していきたいですね。

関連記事

  1. ムーバブルタイプからワードプレスに引越しする方法

  2. 特定のユーザーのみ反映するカスタマイズ方法

  3. 年のみphpで出力する

  4. ワードプレスでステップメールを無料で使えるプラグイン

  5. ECCUBE2.4のインストール時にエラーが出た場合

  6. スプレッドシートで見積書を作る時に役立つテクニック

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP