副業で稼ぐ仕組みの作り方

substr_count();は大文字小文字も判定

投稿日:2019年12月21日 更新日:

PHPをCodecademyで勉強中わからない箇所があったので

substr_count();の出題

Codecademyで現在substr_count();の項目を勉強しているのですが、obviousって文字列が何回表示されるかって所がありました。

出力結果には「5」と表示されているのですが、実際に数えると「6」あります。

???

と思い、xamppで自分の環境でも試しましたが同じく「5」と表示とされました。

もしかしてと思い、大文字と小文字をさらに追加すると出力結果がかわったので理解できました。

substr_count();は大文字も小文字も判断する

substr_count();は日本語だけで考えるとあまり関係ありませんが、横文字だと結構関係があるので、今後気を付けていきたいです。

疑問に感じる事が大切

ふとした疑問でも自分で調べて確かめるってのが結構必要ですね。

-副業で稼ぐ仕組みの作り方
-

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

twitterをHPに埋め込みしてみたよ

twitterの埋め込みって昔よりも簡単になってました

[WordPress]投稿のテキストエディタ内にある情報を編集する

テキストを選択した時にエディタ内にめちゃくちゃ情報が多いと困りませんか?

ワードプレスをスマホと携帯に対応させるプラグイン

ブログを書いていてもガラケーやスマホに対応していないと見にくくなりますよね?そこで、プラグイン一発で対応させる方法があります。

contact form 7を全ページに表示させ記事と連携させる方法

コンタクトフォーム7を使って記事や固定ページと連携させる方法をご紹介いたします。

タグ機能を使ったPHPの分岐WordPress

ワードプレスでタグを使った分岐に関するやり方をご紹介させて頂きます。

人気の副業記事(24時間で更新)