副業で稼ぐ仕組みの作り方

substr_count();は大文字小文字も判定

投稿日:2019年12月21日 更新日:

PHPをCodecademyで勉強中わからない箇所があったので

substr_count();の出題

Codecademyで現在substr_count();の項目を勉強しているのですが、obviousって文字列が何回表示されるかって所がありました。

出力結果には「5」と表示されているのですが、実際に数えると「6」あります。

???

と思い、xamppで自分の環境でも試しましたが同じく「5」と表示とされました。

もしかしてと思い、大文字と小文字をさらに追加すると出力結果がかわったので理解できました。

substr_count();は大文字も小文字も判断する

substr_count();は日本語だけで考えるとあまり関係ありませんが、横文字だと結構関係があるので、今後気を付けていきたいです。

疑問に感じる事が大切

ふとした疑問でも自分で調べて確かめるってのが結構必要ですね。

-副業で稼ぐ仕組みの作り方
-

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワードプレスに人気記事を自動的に表示させるWordPress Popular Posts

ブログの滞在時間を延ばす方法として人気記事を表示させるというテクニックがございます。

画像を簡単に軽く出来るサイト

画像を軽くさせるために縮小したり解像度を低くするのは時代遅れです。

FC2のアカウント登録方法

無料のブログサービスではアフィリエイト関係やアドセンスなどの副業が出来ない物が多いです。そこで、FC2を利用する事で稼ぐ事が可能になります。

ユーザーIDで分岐させる方法 WordPress

ワードプレスを使ったサイトを構築中にユーザーによる分岐をするケースもありますよね。

Gmailの取得方法

Gmailは無料で使えるメールアドレスです。取得方法を公開しています。

人気の副業記事(24時間で更新)