副業で稼ぐ仕組みの作り方

EC-CUBEにPHPをインクルードさせる方法

投稿日:2018年10月20日 更新日:

EC-CUBEを管理画面上でPHPをインクルードする方法をご紹介いたします。

はじめに

EC-CUBEを使っているのですが、画像などをランダムで表示させたくてランダムのを作ったのですが、思ったよりも簡単だったのでご紹介させて頂きます。

注意事項

私がやったEC-CUBEのバージンは2.12です。

今回やりたかったこと

  • EC-CUBEのデザイン管理からPHPをインクルードしたい

たったこれだけです。

たったこれだけなんですが、PHP素人の私からすればどうやったら良いのかわかりませんでしたが、ググると情報が出てきて、問題なく表示できたのでその方法をご紹介いたします。

コードをご紹介

www直下に「hoge」と言うフォルダを作成、そのフォルダ内にPHP「hoge.php」を作成します。
EC-CUBEのデザイン管理から、上記ファイルを呼び出すには


<!--{include_php file=$smarty.const.HTML_REALDIR|cat:"hoge/"|cat:"/hoge.php"}-->

このコードを利用するだけでした。
どこのサイトかわかりませんが、掲載されていたので非常に参考になりました。
ありがとうございます。

以上でEC-CUBEにPHPをインクルードさせる方法の説明を終了致します。

さいごに

PHPわからんと色々すすまん

やりたい事が明確になってきましが、やっぱり知識を持っている人からすると自分はまだまだなんだなと感じました。

WEB上に出ていないと、そのやりたい事が一切できないって事に気が付きました。
また、とりあえず出てるだけってのと、目的をもって出しているってのも違ってきますしね。

考えないといけない事が山ほどあります

-副業で稼ぐ仕組みの作り方
-,

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

PHPの中にPHPを入れたい人の為のヒント

PHP初心者によくある疑問点PHPの中にPHPを入れる事が出来ればと言う疑問点のヒントをご紹介いたします。

contact form 7で自動返信メールのカスタマイズ

ワードプレスでのお問い合わせフォームcontact form 7を導入後に、必ずやっておきたい自動返信メールのカスタマイズ方法を詳しく掲載させて頂きました。

投稿一覧にカスタムフィールドの情報を追加

カスタムフィールドを作ったものの、投稿画面側でどの記事にどの情報が入っているのかわからないので管理画面側で確認する方法をご紹介いたします。

amazonのインスタントストアのちょっとしたテクニック

前回から説明しているAmazonインスタントストアのテクニックです。

no image

圧縮と解凍のインストール

知り合いに電話で「圧縮してからファイルを送って」と言った時に圧縮と言う言葉を知らない人が多いんだなと感じ、今回は「圧縮」の方法と「解凍」の方法になります。

人気の副業記事(24時間で更新)