副業で稼ぐ仕組みの作り方

カスタムフィールドのループで出力数を決める

ループに登録されている情報を一部表示させたい場合に使えます。

はじめに

カスタムフィールドに登録しているループ情報。この情報の全部を取得するのではなく、最初の2つだけ情報を取り出したいなと言う時に使えるテクニックをご紹介させて頂きます。

注意事項

PHPなので動くかどうか確認後に本アップしましょう。

こういった条件です

  • スタッフページを作成する
  • スタッフ情報をカスタムフィールドで登録する
  • ループを利用して、沢山登録する

まずはカスタムフィールドを使ったこういったカスタマイズをしたとしましょう。

こんな事がしたい

  • トップページに登録したスタッフの情報を3人分だけ表示させたい

今まではカスタムフィールドに入力した情報を取り出すだけ、表示させるだけでしたが3件だけ表示させると言う条件がつきました。

このカスタマイズ方法は以下になります

<?php
$fields = $cfs->get(‘カスタムフィールドのループ’);
$count = 0;
foreach ((array)$fields as $field) {
echo “<p>”.$field[‘フィールド名’].”</p>”;
if($count >= 2){ break; }//ここの数字の+1の数を出力
$count++;
}
?>

break;と書かれている左側の数字の+1の数字が取り出す数になります。上記の方法だと3人取り出すことが出来ます。

以上でカスタムフィールドのループで出力数を決める方法の説明を終了いたします。

さいごに

事前に全ての内容を確定してから作ろう

PHPを使う事で1つ情報を登録するだけで色々なページに反映させることが出来ます。今回のカスタムフィールドの情報を1つだけ取り出したり、2つだけ取り出したりするテクニックも何かに役立つと思います。

稼げる副業でお小遣いを稼ぐならこういった知識を持っておく事が重要になるでしょう。

とりあえず最初にほとんどの内容をどういった事をしたいのか、どういったページにするのかを確定してから作成すると非常に効率よく出来るでしょう。

関連記事

  1. 記事や固定ページにパスワードを設定する

  2. Jetpackのメール記事投稿

  3. 年のみphpで出力する

  4. 会員制サイトが作れるWP-Membersの使い方【ワードプレス】

  5. ワードプレスの設定1【アップロード】

  6. 画像をクリックしてテキストを表示させる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP