副業で稼ぐ仕組みの作り方

Custom Field Suiteの表示と分岐

Custom Field Suiteの導入の仕方がわかったが、分岐の仕方がわからない人のために私が使っているやり方を紹介いたします。

はじめに

Custom Field Suiteを導入したいけど、表示のやり方がわからない方や分岐のさせ方がわからない方のために実験してみました。

注意事項

ワードプレスのプラグインCustom Field Suiteの使い方を見るとより分かりやすいでしょう。

表示させてみよう

まずは、Custom Field Suiteで入力した内容を表示させてみます。

例えば、単一テキストを表示させたい場合

cfs3

ラベル テキスト
名前 text

このようにCustom Field Suiteで入力しました。その場合は

cfs1


<?php echo $cfs->get('text'); ?>

このコードを使用したいテンプレート部分に入力すると表示させる事が出来ます。

単一テキストを入力します

cfs2

これはテキストエリアでも同様で

cfs4

ラベル テキスト
名前 text2

このようにCustom Field Suiteで入力下場合はコードを

 <?php echo $cfs->get('text2'); ?> 

このようにgetの内容を名前を同じものを入力すると可能になります。

cfs6

管理画面側でテキストエリアを入力と記入しました。

cfs5

するとこのように表示されましたね。

基本的な使い方は以上になります。

ループの使い方

次に皆さんが一番気になっているループの使い方です。

例えば単一テキストと画像をループで表示させてみます。

cfs7

ラベル ループテスト テキスト 画像
名前 loop text4 img

このようにCustom Field Suiteで入力しました。

管理画面側ではこのように入力してみました。

cfs8

今回はリストタグで表示させてみました。

cfs9
<ul>        
<?php
$fields = $cfs->get('loop'); 
foreach ($fields as $field) :
?>

<li><?php echo $field['text4']; ?><br />
<img src="<?php echo $field['img']; ?>" /></li>

<?php
endforeach;
?>
</ul>

このように先ほどはgetだった部分をfieldに変える事でループが使えました。

cfs10

ループは使用頻度が高いので使えるようにしておきたいですね。

入力がない場合の分岐

カスタムフィールドにはすべての項目を入力するケースと、入力しないケースがございます。
そこで、入力しない場合には表示させないと言う場合はこのようにします。


<?php if(get_post_meta($post->ID,'text5',true)): ?>

<h3>タイトルが入ります</h3>
<?php echo $cfs->get('text5'); ?>

<?php endif; ?>

この分岐はtext5の内容がある場合は全てを表示させ、ない場合はこの内容全てを表示させないと言う内容になります。

チェックボックスを使った分岐

先ほどの入力がある場合に表示させると言うのをチェックボックスを利用してみました。

cfs11

ラベル チェックボックス
名前 box
<?php if ( get_post_meta($post->ID,'box',TRUE) ): ?> 
<p>チェックボックスにチェックをいれるとこの文章が表示されます。</p>
<?php endif; ?>

これでチェックボックスにチェックをいれると

チェックボックスにチェックをいれるとこの文章が表示されます。

この文章が表示されるようになります。

さいごに

使いこなせば・・・

ワードプレスでカスタムフィールドを導入するとなったら、もう欠かせないレベルにまできているCustom Field Suiteってプラグインです。

私もこのプラグインの存在を知り、使い方を学ぶうちに今までやりたかった事や「こんな使い方が出来るんだ!」って新しい発見が山ほどありました。

稼げる副業で何かサイトを作成する際にも必ず必要になってくるので、今のうちから使い方を学んでおく事をお勧め致します。

関連記事

  1. ワードプレスがアップデートできない&通知がこない時

  2. カスタムフィールドを使った()を使う計算WordPress

  3. Jetpackのメール記事投稿

  4. A8の登録方法について

  5. 投稿一覧にカスタムフィールドの情報を追加

  6. さくらサーバーにドメインを移す【移管方法】申込み

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP