副業で稼ぐ仕組みの作り方

カスタムフィールドのループ回数を出力する方法

投稿日:2020年11月28日 更新日:

カスタムフィールドの出力回数の数字をclassやidに割り振りする方法をご紹介いたします。

はじめに

今回はこのような事をやりたいと思いました。

  • カスタムフィールドのループを使用する
  • ループの回数を取得してclassやidに割り振りする

以上です。

結構簡単でした。paizaで学んだ事がここで生きてきましたw

注意事項

基本的なphpを理解していればカスタムフィールドのプラグインはお好みの物をお使い頂けます

カスタムフィールドを作ろう

まずはカスタムフィールドを作ります。私は個人的に気に入っているCustom Field Suiteが好きなので、こちらでの作り方をご紹介いたします。

ループとループ内に表示させるカスタムフィールドを作成します。

ループ ループ内容
test-loop hogehoge

こんな感じで作成しました。

カスタムフィールドの情報を入れる

次は適当にカスタムフィールド内に情報を入れます。

私は「テスト内容1」「テスト内容2」「テスト内容3」と3つを入力してみました。

カスタムフィールドを出力する

次はカスタムフィールドの情報を出力してみます。

<?php
$fields = $cfs->get('test-loop');
foreach ($fields as $field) :
?>
<p><?php echo $field['hogehoge']; ?></p>
<?php endforeach; ?>

とりあえず、これで出力が可能となります。

実際に見てみましょう

このように問題なく表示されていますね。

カスタムフィールドのループ回数を取得する

最後にループの回数を表示してみましょう。

<?php
$fields = $cfs->get('test-loop');
$x=1;
foreach ($fields as $field) :
?>
<p><?php echo $x; ?></p>
<p><?php echo $field['hogehoge']; ?></p>
<?php $x++; endforeach; ?>

こうする事でループ回数を取得できます。

実際に見てみましょう

ねっ?
こんな感じであとはお好みでループの回数をclassやidに振り分けしていきましょう。

さいごに

何にどう使うかわかれば面白い

やっぱりphpは面白いです。何にどう使うのかを理解していれば出来る事も増えるのだなと実感しました。

-副業で稼ぐ仕組みの作り方
-, ,

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ユーザーIDで分岐させる方法 WordPress

ワードプレスを使ったサイトを構築中にユーザーによる分岐をするケースもありますよね。

特定のユーザーのみ反映するカスタマイズ方法

ワードプレスでは管理画面の情報をいじると全てのユーザーが影響を受けてしまいますがカスタマイズする事で管理者は影響を受けないように出来ます。

ワードプレス全体にパスワードをかけるPassword Protected

特定の人だけにホームページやブログを見せたいなぁっと考えている方、ステキなプラグインを発見しました。

らくらくメルカリ便を利用する方法

メルカリでは発送者の情報を隠しておけるのが最大のポイントですね

カスタムフィールドで入力したfeed情報を表示させる方法wordpress

ポータルサイトを作成する際に各店舗のブログ記事の新着情報を表示させたいなぁって事ありますよね?できちゃいますよ。

人気の副業記事(24時間で更新)