副業で稼ぐ仕組みの作り方

WP Autoresponderでインポートとエクスポートを試してみた

前回お話したWP Autoresponderの機能面についてのご説明です。

はじめに

WP Autoresponderのインストールや使い方についてはある程度説明しているホームページは多かったのですが、実際に使っているところは少なかったので、実際に副業で使用する際のメモとしてご説明させて頂きます。

もくじ

注意事項

PHPの素人の私自身がやった設定やカスタマイズなので、もし間違っている場合はコメントを頂ければ嬉しいです。 また、プラグインを入れていない方はワードプレスでステップメールを無料で使えるプラグインを参考にして下さい。

インポートとエクスポートしよう

watc インポートとエクスポートに関しては管理画面左のメールマガジン内のインポート/エクスポートをクリックして下さい。

エクスポート

watc1 エクスポートと言うのはWP Autoresponderを使って得た顧客情報を別のシステムに移す場合に使います。 クリックすると一番最初に出てくる画面のダウロードと言うボタンをクリックして下さい。 watc2 するとCSVファイルと言うのが出てくるので一度中身を確認します。 watc3 見事に文字化けをしてしまっていますね。この文字化けをなおしていきます。 まずは、秀丸と言うソフトをお持ちの方であれば問題ありませんがお持ちでない方はインストールしておきましょう。 秀丸エディタ まずはダウンロードしたCSVファイルを秀丸で開きます。 watc4 すると文字化けしていない文字が出てきました。 そして ファイル > 名前をつけて保存をクリック watc5 からエンコードの種類を日本語(Shift-JIS)に選択して新しく保存して下さい。 watc6 そして、もう一度先ほどのCSVファイルを開くとこのように元に文字化けが解消されました。

インポート

インポートと言うのは、今現在顧客のリストを持っていらっしゃる方はこの機能を使う事でその顧客データをワードプレスに登録する事が出来る機能です。 左側のメニューのインポート/エクスポートをクリック後 watc7 読者のインポートと書かれている下の次へをクリックして下さい。 ちなみに、ここではどのメルマガに読者を追加するのかを決める事が可能となります。 watc8 2つめの画面でも次へ:ブログメルマガをクリックして下さい。 フォローアップメルマガに関してはNoneで設定しています。 watc9 そしてこちらの画面でも同様に次へ:CSVファイルのアップロードをクリックして下さい。 次はアップロードするCSVファイルの用意なのですが、先ほどエクスポートでダウンロードしたCSVファイルを使用します。※エクスポート用に文字化けを治したファイルではありません。 watc10 一番下に新しく顧客情報を追加し、一度保存してください。 watc11 その後、秀丸でファイルを開き、今度はエンコードの種類をUnicode(UTF-8)にして保存してください。 watc12 そして、アップロードして次へ:カラムの一致をクリックして下さい。 watc13 最後に名前とメールアドレスの欄を合わせて次へ:完了をクリックすると watc14 インポートが完了しましたと出て完成です。 読者が登録されているか一度読者の管理をクリックしてみましょう。 watc15 先ほどインポートした読者の名前とメールアドレスが表示されていますね。 これでインポートの成功です。

さいごに

移転には使える

今回インポートとエクスポートがしっかりと出来るのがわかったので、メールマガジンをワードプレスから引越しする場合とワードプレスへの引越しをする場合の両方が使える事がわかりました。 副業をする為にメールマガジンを始めるのにはこの機能があるので使いやすいのかもしれませんね。

関連記事

  1. フォトショップで商品画像につける影テクニック番外編

  2. オリジナルドメインを使おう

  3. ワードプレスで短縮URLが使えるPretty Link Lite

  4. 特定のカテゴリー情報一覧をquery_postsで取得する方法

  5. ワードプレスがアップデートできない&通知がこない時

  6. WordPressで土日の色が違うスケジュールを表示させる方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP