副業で稼ぐ仕組みの作り方

PHPでechoとprintの違いについて

投稿日:2019年11月9日 更新日:

PHPの初心者で必ず気になるのがechoとprintの違いだと思います。

はじめに

PHPを勉強中、気になったのがechoとprintの違いです。サイトによってはprintを使っていたり、echoを使っていたりしたので、結局どちらを使えば良いのかわかりませんでした。

echoとprintを出力してみる

echo 'あいうえお';
print 'あいうえお';

この2つはどちらも「あいうえお」と出力されます。ただし、文字を連結させる時に違いが出てきます。

echo 'あいうえお'.'かきくけこ','さしすせそ';
print 'あいうえお'.'かきくけこ'.'さしすせそ';

文字列の連携の場合

  • echoは「(.)ドットと(,)カンマ」どちらでも使える
  • printは「(.)ドット」しか使えない

って事はechoのがechoで連結する際に.(ドット)と,(カンマ)の違いについてからしたら相性よさそうですね。
関数を使う場合も同じです。

$aiueo = 'あいうえお';
$kaiueo ='かきくけこ';
$saiueo ='さしすせそ';

echo $aiueo.$kaiueo,$saiueo;
print $aiueo.$kaiueo.$saiueo;

逆にprintを使う時のポイントは何だだろうと思い、調べてみました。

printには戻り値がある

printには戻り値があるって色々なサイトに書かれている。戻り値は「1」がどうたらこうたら・・・
初心者にはこれが何かわからない。笑

逆にこの戻り値を使う時ってどんな時やろうと考えてみた。

戻り値を表示させる?方法

$aiueo = print'あいうえお';
$kaiueo ='かきくけこ';
$saiueo ='さしすせそ';

echo $aiueo.$kaiueo,$saiueo;

$aiueoにprintを加えて出力すると「あいうえお1かきくけこさしすせそ」とあいうえおの後に数字の「1」が表示されます。

この数字が戻り値ってやつです。今知っている知識を使うと

$aiueo = print'あいうえお';
$kaiueo ='かきくけこ';
$saiueo ='さしすせそ';

if ($aiueo == 1) {
echo $aiueo.$kaiueo,$saiueo;
}

こんな感じでif文と組み合わせると使えそうです。

ただ、この内容も意味不明っちゃ意味不明か笑
この戻り値はもっと勉強した先に使い方がわかるはず・・・。
今はここまででとどめておきます。

速度計算

速度については「echo」の方が早いと言われていますが、速度計算をしているサイトは「print」の方が結果早かったと言うデータを出しています。

そこで自分も気になるので調べてみました。

私は「XAMPP」を使っています。これだとレンタルサーバのように環境によって左右されないかなと思ったからです。

XAMPPで処理速度の調べ方

http://localhost/dashboard/phpinfo.php

「XAMPP」をスタートさせた状態で、こちらにアクセスすると現在のバージョンが見ることが出来ます。
私の使用しているバージョンは「PHP Version 7.3.10」です。

$count = 1000000;
 
// echoでの出力
$time_start = microtime(true);
for ($i = 0; $i < $count; $i++) {
    echo $i;
}
$time = microtime(true) - $time_start;
echo '<br>';
echo 'echo:'. $time . ' seconds';
echo '<br>';
 
// printでの出力
$time_start = microtime(true);
for ($i = 0; $i < $count; $i++) {
    print $i;
}
$time = microtime(true) - $time_start;
echo '<br>';
echo 'print:'. $time . ' seconds';

速度計測の情報はこちらのサイトを参考にしました。

速度の結果

一回目 echo:3.4592049121857 seconds
print:29.919713020325 seconds
二回目 echo:4.2808408737183 seconds
print:78.19615316391 seconds
三回目 echo:4.7929420471191 seconds
print:26.51144194603 seconds

結果に違いが出すぎているのでechoとprintを出力する順番を変えてみました。

一回目 print:4.1556191444397 seconds
echo:25.505042076111 seconds
二回目 print:3.7798089981079 seconds
echo:40.960448980331 seconds
三回目 print:0.50496506690979 seconds
echo:79.841722011566 seconds

結果的に最初に出力された方が圧倒的に早くなっているので、最初の数字だけを見比べた結果、特に大きな差はないって事で良いのかな。

さいごに

echoの方が多かった気がする

ワードプレスはコピペであればある程度いじれるのですが、いじっている時もprintよりはechoを使っている人が多かった記憶があります。
どちらでも良いのであればechoをメインに使っていこうかな。

-副業で稼ぐ仕組みの作り方
-

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワードプレスのメンテナンスモード

ワードプレスではプラグインだけでメンテナンスモードにする事が出来ます。 副業ブログ目次1 はじめに2 注意事項3 WP Maintenance Modeのここが凄い4 インストールしよう5 設定画面の …

WP-Membersのインストールと設定方法

ワードプレスを使った会員制サイトを作るならWP-Membersと言うプラグインがあれば非常に簡単に制作する事が出来ます。

IEテスターよりも便利な開発者ツール

IEテスター重すぎてテストに環境としては悪すぎる・・・そんな人の為に開発者ツールをご紹介させて頂きます。

【2020年最新版】アリエクスプレスのアフィリエイト登録方法

アリエクスプレスでアフィリエイトの登録は結構簡単でした 副業ブログ目次1 はじめに2 注意事項3 アリエクスプレスのアフィリエイト登録をする4 審査期間5 審査が通った場合6 さいごに はじめに アリ …

SEO対策で絶対にしてはいけない事

SEO対策をしていく上でしてはいけない事を今回はご紹介させて頂きます。知識があるのと知識がないのとでは全然効率が違ってきます。

人気の副業記事(24時間で更新)