副業で稼ぐ仕組みの作り方

【画像あり】XAMPPを使ってPHPの動作確認方法

PHPの動作確認をするのにXAMPPは絶対に必要です。

はじめに

これからPHPを勉強する人にとってXAMPPは無料で知識を深める事が出来る為のツールとして絶対に必要です。
今回はXAMPPを使ってPHPの動作確認をしていきたいと思います。

注意事項

バージョンによって違うかもしれません。ただ、基本的には同じやと思います。

XAMPPを起動させる

まずはXAMPPを起動させ、Apacheの右側にある「Start」ボタンをクリックします。

緑色になったら環境は整いました。

PHPを書いてみよう

次は早速PHPを書いてみます。
クッソベタなコードではありますが

<?php echo "Hello World!"; ?>

よくあるHello World!を出力するコードになります。これをテキストエディタで保存します。
この時、保存形式を.txtではなく、.phpにしておきます。

動作確認をしてみよう

先ほど作ったHello World!のファイルをhello.phpにして以下の場所にアップロードします。

C/xampp/htdocs

そして、次にこのファイルが問題なく動くか確認します。

http://localhost/hello.php

こちらにアクセスすると

Hello World!

と表示されていれば問題なく動いております。
これでPHPの勉強する環境が整いました。

以上で【画像あり】XAMPPを使ってPHPの動作確認方法の説明を終了致します。

さいごに

使用確認がとれれば後は勉強

htmlはぶっちゃけ無料で使える環境が多く、勉強しやすいですがPHPを無料で使える環境はなかった気がします。
PHPのエラーが起きればサーバーにダメージ与えるし、そんなもんですよね
なのでローカルで確認が出来る環境はやっぱり素晴らしいと思います。
とにかく勉強をして、知識を深めて、毎日触れる事が重要ですよね。

関連記事

  1. cgiファイルで500エラーを出した時の覚書

  2. カスタムフィールドで画像を出力する時のヒント【ワードプレス】

  3. ワードプレスに目次を簡単に入れるTable of Contents P…

  4. Contact Form 7の送信元をメールアドレスにする方法【さくら…

  5. ワードプレスのカスタム投稿タイプにページ送りを導入する方法

  6. ワードプレスにソースコードを表示させるプラグイン【SyntaxHigh…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP