副業で稼ぐ仕組みの作り方

特定のユーザーのみ反映するカスタマイズ方法

ワードプレスでは管理画面の情報をいじると全てのユーザーが影響を受けてしまいますがカスタマイズする事で管理者は影響を受けないように出来ます。

はじめに

ワードプレスの管理画面をカスタマイズした場合、すべてのユーザーが影響してしまいます。ただ、クライアントには機能を制限させて管理者には全ての機能が使えるようにする方法をご紹介いたします。

クライアントには隠しておきたい

ワードプレスを使って作成したホームページを納品する場合、使わない情報や余計な情報はあらかじめかくしておきたいですよね。

管理画面の左側の不必要なメニューを削除する

// メニューを非表示にする
function remove_menus () {
 remove_menu_page('wpcf7'); //Contact Form 7
 global $menu;
 unset($menu[25]); // コメント
 unset($menu[65]); // プラグイン
 unset($menu[70]); // プロフィール
 unset($menu[75]); // ツール
 unset($menu[80]);//  設定
 }
add_action('admin_menu', 'remove_menus');

こちらのコードを使うと

このようにメニューが削除されています。但し、管理者としてはプラグインへのリンクがないのは非常に面倒ですので、管理者のみ表示させる方法がございます。

// メニューを非表示にする
function remove_menus () {
 if (!current_user_can('level_10')) {
 remove_menu_page('wpcf7'); //Contact Form 7
 global $menu;
 unset($menu[25]); // コメント
 unset($menu[65]); // プラグイン
 unset($menu[70]); // プロフィール
 unset($menu[75]); // ツール
 unset($menu[80]);//  設定
 }
 }
add_action('admin_menu', 'remove_menus');

こちらのコードを使う事で管理者以外にこのカスタマイズを有効にすると言う形です。

cssを反映させるケース

function wp_custom_admin_css() {
?>
<style type="text/css">
ここにcssの内容が入ります
</style>
<?php
}
add_action('admin_head', 'wp_custom_admin_css', 100);

こういったケースでも

function wp_custom_admin_css() {
if (!current_user_can('level_10')) {
?>
<style type="text/css">
ここにcssの内容が入ります
</style>
<?php
}
}
add_action('admin_head', 'wp_custom_admin_css', 100);

このようにする事で管理者は影響をうけなくて済みます。

以上で特定のユーザーのみ反映するカスタマイズ方法の説明を終了致します。

さいごに

自分以外が使う事を想定しておこう

ワードプレスを利用する方のほとんどが稼げる副業を目的としているので個人だけで使う方がほとんどでしょう。
ただし、今は色々なユーザーに参加して作り上げていくタイプのサイトが非常に増えてきています。
なので、自分以外が使う事も想定しておく方が良いでしょうね。

今回のカスタマイズは上記で説明をしたように様々なカスタマイズでも活用する事が出来るので、覚えておいて損はしないでしょう。

関連記事

  1. ワードプレスの管理画面でチェックできるアクセス解析

  2. ワードプレスにキーワードとディスクリプションを追加するプラグイン

  3. ワードプレスのプラグインCustom Field Suiteの使い方

  4. 記事や固定ページにパスワードを設定する

  5. twitterをHPに埋め込みしてみたよ

  6. カスタムフィールドをor条件で表示させる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP