副業で稼ぐ仕組みの作り方

Contact Form 7の送信元をメールアドレスにする方法【さくら】

投稿日:2016年8月27日 更新日:

コンタクトフォーム7からのメールのメールアドレスと送信元が違うケースって結構ありますよね。

はじめに

コンタクトフォーム7からの自動返信メールがいつも「迷惑メールフォルダ」に入ってしまうって人いませんか?実はこれの原因って送信元と言う部分が原因で起こる可能性があるんです。

注意事項

今回はさくらサーバーを利用しています

メールを送ってみた

まずはコンタクトフォーム7からメールを送信してみました。

df701

そして自動返信メールを確認したところ

df702

このようにメールアドレス(from)に書かれている情報と送信元の情報が違っていますね。
これのせいでメールが届かない可能性があります。

偽装してんじゃね?

送信元とメールアドレスが違う場合、偽装してメールを送信していると思われ迷惑メールフォルダに入ってしまう事もありますし、最悪サーバー側でスパムメールとして振り分けされて受信すらされなくなってしまいます。

なので送信元とメールアドレスを同じにしなければいけません。

役立つプラグインを紹介

そこでお勧めのプラグインが「WP Mail SMTP」です。
こちらのワードプレスプラグインを利用すると結構簡単に設置ができるようになりました。

df703

インストールして有効化しておきます。

設定しよう

WP Mail SMTPの設定

df704

  • From Email ここには送信元に表示させたいメールアドレスを入力しておきます。
  • From Name ここには送信された際に表示させたい名前を入力しておきます。
  • メーラー WordPressの全てのメールをSMTP経由で送信する。を選択

SMTPの設定

df705

  • SMTP Host さくらサーバーを契約した際の初期ドメイン
  • SMTP port 25
  • Authentication 「はい」を選択
  • Username さくらで作成したメールアドレス
  • Password さくらで作成した際のメールアドレス受信用パスワード

設定は以上で完了です。

実際に受信してみたよ

同じようにコンタクトフォーム7からメールを送信してみると

df706

このようにfromの情報と送信元が同じになっていました。
これで迷惑メール扱いされなくなったので一安心ですね。

以上でさくらサーバーでContact Form 7の送信元をメールアドレスにする方法の説明を終了いたします。

さいごに

メールが届かないのは致命的

ブログを使って稼げる副業をしている人は自動返信メールの重要性を理解しておきましょう。
まず、メールを送信する側って自動返信メールが届くのは当たり前だと感じている人が多いです。そして、もしメールが届かないと不安になり、何度も同じ内容のメールを送ってしまいます。

そういったストレスを与えずにすむのが自動返信メールの役割です。

私の経験上迷惑メールフォルダをチェックしてくれる人って割合的には非常に少ない印象を持っているので、最低でも届いてくれるような設定をしておきたいですね。

-副業で稼ぐ仕組みの作り方
-,

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

プラグインのインストール方法【ワードプレス】

ワードプレスは必要時に応じてプラグインをインストールする事でさまざまな機能を追加する事が可能です。今回はインストールの方法をご紹介いたします。

ユーザーIDで分岐させる方法 WordPress

ワードプレスを使ったサイトを構築中にユーザーによる分岐をするケースもありますよね。

Jetpackの統計情報

ワードプレスにJetpackを利用するきっかけとなった機能の一つがこの統計情報です。

contact form 7を全ページに表示させ記事と連携させる方法

コンタクトフォーム7を使って記事や固定ページと連携させる方法をご紹介いたします。

no image

FFFTPの設定

FFFTPの設定はサーバーをレンタルする毎にしなければいけません。設定自体は特別必要な知識や技術はなく非常に簡単ですので今回で覚えておくと捗ります。

人気の副業記事(24時間で更新)