副業で稼ぐ仕組みの作り方

ボタンのクリック率を上げる簡単なcss

投稿日:2014年10月4日 更新日:

マウスオーバー時に少し変化がある事でクリック率を高める事が出来ます。

はじめに

画像などのボタンをマウスオーバー時に簡単な変化を加える事でクリック率を高める事ができます。

注意事項

Opacityを使うのでクロスブラウザ用にカスタマイズしなければいけません

ボタンを作ろう

まずはボタン用のhtmlを用意します。


<a href="#"><img src="画像" class="btn" /></a>

aタグに対して使うのが多い場合もありますが、今回は画像に対して作用させたいので画像にclassをつける形にしました。

cssを使おう

次にcssを作ります。


a:hover img.btn {

opacity:0.8;
filter: alpha(opacity=80);        /* IE lt 8 IE8までのバージョン */
-ms-filter: "alpha(opacity=80)";  /* if gte IE 8 IE8以上のバージョン */
-moz-opacity:0.8;                 /* FireFox */
-khtml-opacity: 0.8;              /* Safari */
zoom:1;

}

opacityの0.8や80と出ている数字は透過度80%と言う数字になります。

この数字をいじることでお好みの透過度にする事が出来ます。

サンプルで確認して下さい

透過度のサンプルを作ってみました。

https://www.moco358.com/wp-content/uploads/touka.html

90%から10%までを作ってみました。

さいごに

JavaScriptよりももっと簡単に

マウスオーバー時に少し変化を加えたいがJavaScriptを使用する場合、画像にonとoffを加える場合はon用の画像とoff用の画像を2枚用意しなければいけなかったり、マウスオーバー時に1pxや2pxだけ位置を少し動かしてボタンに動きを加えるタイプもありますが、思ったように画像の位置を動かす事が出来なかったり、レイアウトが変わってしまう場合などもございます。

それに比べて透過系の変化であれば位置を動かすわけでもないのと画像を用意しなくても済むので非常に簡単に導入する事が出来ました。

そして、この透過のcssはよく忘れるのでメモとしてブログにアップしました。

-副業で稼ぐ仕組みの作り方
-

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ワードプレスでスマホとPCで違う広告サイズを表示させる

アドセンスなどの広告サイズは画面に合わないとクリック率が下がりますよね。そこでスマホとPCで違うサイズの広告を表示させる方法をご紹介いたします。

tinymce advancedで絵文字もフォントサイズも可能に

ワードプレスって、顔文字が使えなかったり、フォントサイズがいじれなかったりと日本人のブログとしては微妙ですよね?そこでこれらを可能にするプラグインのご紹介です。

アメブロのRSS内にあるPRを削除してワードプレスに表示させる方法

アメブロのRSSに「PR」と言う広告が出てしまい何とか削除したい人へ

らくらくメルカリ便を利用する方法

メルカリでは発送者の情報を隠しておけるのが最大のポイントですね

SEO対策用文字数カウントを作ってみた

文字数を計算する時にわざわざ計算ボタンを押さなくても自動でカウントしてくれるようなシステムを制作致しました。

人気の副業記事(24時間で更新)