副業で稼ぐ仕組みの作り方

EC-CUBEで各カテゴリーページに情報を表示させる方法

EC-CUBEでカテゴリーページごとに情報を入れる方法をご紹介

はじめに

EC-CUBEバージョンは2になりますが、まだ使っている人多いですよね。
今回はSEO対策にも有利な方法で各カテゴリー一覧ページに特定の情報を表示させる方法をご紹介いたします。

注意事項

PHPをいじるので必ずテスト環境で試しましょう

カテゴリーが増えすぎたん

商品登録が数千と言う膨大な数になってきたので、各カテゴリーページも見る人に合わせてカスタマイズしていかないといけない。
ってことで各カテゴリーページに情報を表示させる方法をご紹介いたします。

<!--{if $arrSearchData.category_id == 〇}-->
〇のカテゴリーページ一覧にのみ表示されます
<!--{elseif $arrSearchData.category_id == ■}-->
■のカテゴリーページ一覧にのみ表示されます
<!--{else}-->
それ以外のカテゴリーページ一覧に表示されます
<!--{/if}-->

以上となります。
ね?めちゃくちゃ簡単だったでしょ?

以上でEC-CUBEでカテゴリーページごとに情報を入れる方法の説明を終了致します。

さいごに

情報量が増えてくるとカテゴリーにも情報が必要

EC-CUBE2をまだ使っています。
3使っている人って実際にどんだけおるんやろ?

私も早く2から3にしたいのですが、プラグイン関係やカスタマイズ関係を考えるとどうしても移行に時間とお金が必要なのでまだ移行できていません

とりあえず出来る範囲でカスタマイズを重ねていく予定です。

関連記事

  1. WP Autoresponderをわかる範囲でカスタマイズ

  2. ワードプレスに人気記事を自動的に表示させるWordPress Popu…

  3. Jetpackのパブリサイズ共有

  4. ワードプレスがアップデートできない&通知がこない時

  5. スマホでアクセスした時だけ違う内容を表示させる方法

  6. サーバーの申込み方法【サクラインターネット】

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP