ちょっとした紹介やニュース

googleアナリティクスでこのページにアクセスできませんと表示される

投稿日:2020年2月29日 更新日:

googleアナリティクスは無料で誰でも使えるツールと書かれているが条件があるみたいです。

はじめに

先日クライアント様のHPにGoogleアナリティクスを設置しようとしましたが、「このページにアクセスできません」と表示され使用できませんでした。
その理由について解説致します。

Googleアナリティクスにアクセス


まずはgoogleアナリティクスにログインします。
私と同じように「このページにアクセスできません」と表示されている場合はGoogleアカウントの年齢を調べてみます。

Googleアカウントにアクセス


次はGoogleアカウントにアクセスして、個人情報→生年月日を調べます。

ここで13歳未満になっていませんか?
私の場合は2020年で2019年のアカウントだったので1歳となり、利用できなかった可能性が高いです。

なので「このページにアクセスできません」と表示された場合は

新しくアカウントを作成しなおす

と言う形になります。

youtubeにアクセス

13歳未満だとyoutubeも同じように見る事が出来なくなっています。
親御さんはgoogleアカウントを使って子供のアカウントに制限をかけるようにするのは良さそうですね。

さいごに

フォーラムにも書かれていなかった

13歳未満はgoogleアナリティクスを利用できないとフォーラムなどを調べても出てこなかったので少し焦りました。
実際会社の設立を生年月日として登録されている方もいらっしゃるようなので、この辺りは注意が必要ですね。

-ちょっとした紹介やニュース
-, ,

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

実際にAdvanced Custom Fieldsを使った

カスタムフィールドは実際に使わないとわからないと思いますので、今回はプラグインを使ってホームページを制作した時の情報を公開致します。

お名前ドットコム

お名前.comのWhois情報公開代行のご案内が悪質すぎる

お名前.comでドメインを取得した人は気を付けてくださいね。 情弱な人ほど騙されやすいのでしっかりと調べましょう

特定のアカウントのツイートのみを通知させる方法

その人が発言したらすぐに確認したいですが全員を通知していると携帯が鳴りやまない・・・

大型らくらくメルカリ便の登録から発送までの流れ

めったにはありませんが、大型メルカリ便を利用してみましたのでその時の流れなどをご紹介いたします。

プラグインの更新で500エラーが出た時の対処方

ワードプレスで500エラーが出てしまった時の対応方法をご紹介

人気の副業記事(24時間で更新)