副業で稼ぐ仕組みの作り方

WordPressで記事の盗用をさせないWP-Copyright-Protection

5時間かけて書いた記事が色々なところで盗用されているなんて悲しい事ありますよね

はじめに

まず、記事の盗用は犯罪です!と言うかこじき行為なので、間違いなくこの先詰むだけなので辞めましょうね笑

まぁそんな人達に簡単に大切な記事をコピペさせないプラグインがワードプレスでありました!それがWP-Copyright-Protectionと言うプラグインです。

注意事項

更新がされていないのでワードプレスのバージョンによっては動作しない可能性などもございます。

インストールしよう

いつも通りです。

プラグイン > 新規追加 > WP-Copyright-Protection

wcp01

後は必ず有効化しておきましょう。

設定いらず

このプラグインの素晴らしい点は、細かい設定などは一切必要なく有効化するだけで威力を発揮してくれます。

有効化前はこのようにテキストの選択も右クリックも何の問題もなく使えていましたが

wcp02

有効化するとこのように何も出来なくなっていました。

wcp03

こんな事が出来なくなっていた

色々と試してみましたが以下の動作が一切出来なくなっていました

  • マウスを使った記事の選択が出来なくなっている
  • 右クリックが出来なくなっている
  • Ctrl+Aでの全てを選択するのも出来ない
  • 選択が出来ないのでCtrl+Cも使えない

うん、素晴らしいですね!ただ、これ見る人だけでなく管理者も同様にコピーが出来なくなるので不便ですよね・・・

安心して下さい!管理者は特別です

実はWP-Copyright-Protectionと言うワードプレスのプラグインにはこんな素敵な機能も実装されています。

wcp04

 

Exclude Pages

これはコピペ禁止を除外する記事があったらカンマ使って変更できまっせって内容です。

Disable for registered users

こちらは管理者は全部コピペできるようにしまっせって内容です。

何でもかんでもコピペ禁止はダメ?

例えば、ソースコードを表示していたり、説明しているサイトでアフィリエイトや広告費を稼いでいるサイトであればむしろコピーできないと言う事はサイトとして意味がないのでクライアントも離れていってしまいます。

なので、サイトによっては不利になってしまう可能性の方が高いので考えた上で導入をしましょう。

さいごに

せめて引用にしようぜ

今まで色々な人達のブログや記事を見てきましたが、まるごとコピペしているようなクズも世の中にはいるんだなと悲しくなりました。こういったこじき行為をしている人のほとんどがアフィカスと言ばれる存在です。

自分ではコンテンツを生み出さず、誰かが時間をかけて生み出したものを自分の物のように扱うクズです。せめてさ、引用って形で元の記事のURLを貼り付けるなど出来ない物なのでしょうか?

今ではgoogle先生に「こいつ犯罪行為してますよ」と教える事も出来るので、広告費も全て没収させる事も出来ます。

なので、そろそろそんなクズ行為をせずにしっかりと自分の頭で生み出したもので稼げる副業を勝負していくほうが良い時代ですよ。

 

関連記事

  1. スマホの理想的なハンバーガーメニュー紹介

  2. ECCUBEの検索に商品IDを追加させる方法

  3. カスタムフィールドを使った()を使う計算WordPress

  4. 特定のユーザーのみ反映するカスタマイズ方法

  5. 売れる商品画像は影が必須

  6. contact form 7で自動返信メールのカスタマイズ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP