稼ぐ為の集客方法

さくらサーバーにドメインを移す【移管方法】申込み

前回に引き続きドメインの移管方法についてになります。

はじめに

ドメインの移管する際に準備が必要になります。ドメイン移管する際の準備を見てから行ってください。

もくじ

注意事項

この記事はさくらサーバーでの内容となりますので他のサーバーをお使いの方はお気を付け下さい。

ドメインを移そう【転入】

まずは管理画面に入る

まずは、こちらからログインして下さい。

ドメインメニューに移動しよう

ドメイン移管1

ログイン後、グローバルメニュー内の契約情報をクリックします。

ドメイン移管2

次に左側のナビゲーションの表示されているドメインメニューをクリックします。

ドメイン移管3

次も同様に左側のメニュー内のドメインの移管をクリックして下さい。

情報を入力しよう

ドメイン移管4

ここででは必ず会員IDがあるを選択し、サーバーを借りた時の情報を記入しておきましょう。

そして、その下の今回移管されるドメイン名をご入力くださいと書かれいている部分には、移転したいドメイン名を例にしたがって入力して下さい。

そして、入力が完了しましたら次へをクリックしましょう。

ドメイン移管5

約款の確認画面では、同意するを選択後、次へをクリックして下さい。

オースコードの入力と管理者の確認

この画面ではオースコードと管理者の確認を行います。

ドメイン移管6

まずは、転出させるサーバーから得たオースコードをここに入力します。

次にWHOIS情報のAdmin E-mailのメールアドレスが今現在使用出来るアドレスになっているか確認ご、問題なければ次へをクリックします。

お支払方法の確認

各自、自分に合ったお支払方法をお選び下さい。ちなみに、クレジットカード払いが一番早くなります。

最終確認

ドメイン移管7

最後に確認画面を見て問題なければ、お申込みを行うをクリックして下さい。

メールの確認関係

ドメイン移管開始の連絡

ドメイン移管の申込みが完了しましたら(入金の完了している条件)以下のようなメールが届きます。

ドメイン移管8

このメールが届いた数時間から数日以内に以下のようなメールが届きます。

送信元(From): notices@melbourneit.com.au
送信先(To):ドメインの管理担当者のメールアドレス
件名(Subject): Domain Name Transfer Of :【ドメイン名】 Request for Confirmation

ドメイン移管9

そして、そのメールの本文内にあるURLをクリックして下さい。

ドメイン移管10

一番最初の枠の中はお好きな英数字を入力し、左側にあるチェックボックスにはチェックを入れ、一番下の枠の中にはオースコードを入力しましょう。

全て入力後、青いボタンをクリックしましょう。

ドメイン移管11

次の画面でこのように表示されていればドメイン移管の承認が完了致しました。

トランスファー申請

その後、転出側のドメインからトランスファー申請がくるのでOKしておきましょう。

ドメイン移管作業完了の連絡

上記全ての作業が完了しましたらさくらサーバーからドメイン移管作業完了のご連絡と言うメールが来ます。

ドメイン移管12

ネームサーバを変更しよう

これで完成だよ

最後の設定でネームサーバを変えないと、完全にドメインを移したことにはなりません。

会員メニューにログインし、

ドメイン移管13

契約情報 > ドメイン情報 > 任意のドメインのWHOIS情報をクリックしましょう

ドメイン移管14

次にネームサーバを変更します。ここの内容が

ネームサーバ1
ns1.dns.ne.jp
ネームサーバ2
ns2.dns.ne.jp

になっていない場合は上記と同じ文字列に変更しましょう。

変更後、送信するをクリックで完了です。

以上でさくらサーバーへドメインを移す方法の紹介を終えます。

さいごに

何も恐れる事はありません

初めてサーバーを移す時、正直めちゃくちゃ不安でした。副業で使っているサイトだったので消滅するとどうしようなんてそんな不安もありました。

ただ、実際にやってみると消滅はしませんし、うまいこと移せない場合は今まで通りでも使えるって事がわかりました。

ただ、インターネットを使った副業で儲ける場合は、少なからずこのあたりの知識は持っておいた方が良いなって事がわかりました。

今回はさくらのホームページ書かれている方法だと少しわかりにくかったので、ここに詳しく掲載させて頂きました。

関連記事

  1. 独自ドメインの選び方

  2. カスタム投稿タイプを簡単に作れるワードプレスプラグイン

  3. WEBフォントはcss3で簡単に使えた

  4. SEO対策で絶対にしてはいけない事

  5. tinymce advancedに絵文字を増やすTypePad 絵文字…

  6. ユーザーIDで分岐させる方法 WordPress

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP