副業で稼ぐ仕組みの作り方

ワードプレスで記事の投稿数を表示させる方法

ワードプレスで全○記事とブログ記事の投稿数を表示させる事が出来る方法をご紹介いたします。

はじめに

ブログを始めて今どれくらい記事数があるのか気になり、画面上で表示させる事が出来るかなぁって思い、調べたところ結構簡単だったんで、そのやり方をご紹介させて頂きます。

注意事項

必ずバックアップをとってからカスタマイズを行いましょう

使ったコード

投稿している全記事数を表示するのって思った以上に簡単なカスタマイズで行う事が出来ました。

<?php 
  $numposts = $wpdb->get_var("SELECT count(*) FROM $wpdb->posts WHERE post_status = 'publish' AND post_type = 'post'");
if (0 < $numposts)
	$numposts = number_format($numposts);
echo '<p>現在の総記事数: '. $numposts .'件</p>';
?>

このphpタグを表示させたい所に入力する事で

カスタマイズ前
allpost
カスタマイズ後
allpost1

このように表示させる事が出来るようになりました。

カスタム投稿を利用している場合

この副業ブログをを始めた当初はまったく知りもしなかったカスタム投稿タイプと言うのを利用している場合の全記事の投稿数を取得する方法はこちらです。

<?php 
  $numposts = $wpdb->get_var("SELECT count(*) FROM $wpdb->posts WHERE post_status = 'publish' AND post_type = 'カスタム投稿タイプ名'");
if (0 < $numposts)
	$numposts = number_format($numposts);
echo '<p>現在の総記事数: '. $numposts .'件</p>';
?>

カスタム投稿タイプ名と書かれている部分を任意の物に変えて頂けると表示されます。
また、ワードプレスを使ってECサイトを運営している方であれば全○商品と商品数を表示させるのも良いでしょう。

カスタム投稿と投稿の複数表示させたい場合

カスタム投稿を複数利用しつつ、投稿などにも記事を投稿していて全ての記事数を表示したいなど複数を表示させる場合は以下のようなコードになります。

<?php 
  $numposts = $wpdb->get_var("SELECT count(*) FROM $wpdb->posts WHERE post_status = 'publish' AND post_type = 'post','カスタム投稿タイプ名A','カスタム投稿タイプ名B'");
if (0 < $numposts)
	$numposts = number_format($numposts);
echo '<p>現在の総記事数: '. $numposts .'件</p>';
?>

postと言うのが通常の投稿を表し、カスタム投稿AやBに任意の名前を入れて下さい。そうする事でここに入力した物の全ての記事数を表示させる事が出来ます

以上でワードプレスで記事の投稿数を表示させる方法の紹介を終了致します。

さいごに

100記事越えたら出そう

私は記事数が多い=信頼の証なんじゃないかなと考えています。よく副業でアフィリエイトを選び、結果儲からなくてすぐに辞めてしまう人が多い印象を持ちましたが、そういった人に限ってブログの記事数が圧倒的にすくなかったりしているみたいですよね。

だからこそ、ブログ記事を最低でも100を超えればたくさん記事を書いていますよと言う意味でも表示しておく方が良いかもしれません。

100記事を超えていたら広告収入でお小遣い程度のお金は余裕で稼ぐ事が出来るから嬉しいですよね。

関連記事

  1. 【EC-CUBE】ブロックで作成したtplファイルを呼び出す方法

  2. 【画像あり】XAMPPの誰でもわかるインストール方法

  3. オリジナルドメインを使おう

  4. 【EC-CUBE】管理画面に色々な箇所のファイルを呼び出す方法

  5. ECキューブで販売する為の最低限の設定その2

  6. WEBフォントはcss3で簡単に使えた

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP