ちょっとした紹介やニュース

googleの画像検索がすごい

キーワードだけでなく画像でも検索が出来るなんてやっぱりgoogleは凄いですわ

はじめに

まったく同じ画像であればすぐに見つけ出す事が出来るGoogleの画像検索機能の紹介です。

注意事項

画像検索は掲載しているサイトがgoogleの検索エンジンに認識されていないと表示されません。

また、同じ構図の写真でしか検索できないので要注意です。

こんな事に使える

実際に画像検索が出来るとどういったメリットがあるのか考えてみました。

  • 商品名が書かれていない物を探したい時
  • ネットで見つけた写真からアパレルブランドを探したい時
  • 自分で作成した画像や写真が他のサイトに使用されていないか確認したい時
  • メル友から送られて来た画像がネットから探した物か確認したい時

このようにインターネット上で既にアップされている画像であれば、それが掲載されているブログの記事やホームページなどを画像きっかけで検索する事が出来ます。

画像検索にアクセスしよう

検索エンジンの見た目は普通のキーワード検索と同じですね。

img_s

http://www.google.co.jp/imghp

使用方法はいつもであればキーワードを入力する部分に検索したい画像をドラッグアンドドロップすることで検索する事が可能になります。

img_s1

タモリさんの画像で検索するとこのように、同じ画像が使われているサイトがずらっと表示されます。

img_s2

画像名で検索しているわけではない

もしかすると画像名から画像を検索しているんじゃないの?と思い自分のサイトに上げたオリジナルの画像で試してみました。

まずは画像名が

img_s3
koinu-400×300.jpg

で画像検索した結果です。

img_s5

次に画像名を

img_s4
inuinu.jpg

に変えて画像検索した結果です。

img_s6

このように検索結果は同じなので名前で検索と言うよりも画像自体で検索しているのがわかるかと思います。

類似画像から検索してみた

img_s7

ピザの画像+女性で検索してみた

画像検索の検索結果ではなく、類似画像に今回は注目して一つの実験をしてみました。

まず画像の検索だけであればこのような結果になりました。

使用した画像
piza
類似検索結果
img_s8

当然と言って良いのかわかりませんが、お皿の感じと食べ物って部分で検索したっぽいですね。

ではこの類似画像に女性と言うキーワードを入力するとどうなるでしょうか。
検索結果はこちらです。

img_s9

色合いでの判断なのかわかりませんが、女性の画像が何点か見つかりました。
類似画像は所詮類似画像って感じですね。

有名なあの人を検索してみた

フリー素材として有名なあの人を画像で検索してみました。

PAK93_imashikanaidesyo1063500-thumb-395.jpgauto-3864

検索結果の数がタモリさんの画像よりも多かったです。

img_s10

検索結果を見て面白いなぁっと思ったのはフリー素材なので色々なサイトに使われていますね笑

実験してみた

次に実験として同じ画像を黒色を少しづつ足すとどこまでgoogleが判断できるのかを実験してみました。

まず+10%濃くしました

img_s11

結果
問題なく表示されていました。

次に+30%濃くしましたimg_s12

結果
まったく問題なく表示されます。

次は+60%濃くしました

img_s13

結果
まったく問題なく結果が出ます。

最後に+90%濃くしました

img_s14

結果
ほぼ真っ暗なのでさすがに結果は出ませんでした。

境界線を探ってみる

+75%濃くしました

img_s15

結果
問題なく結果が出ています。

+82%濃くしました

img_s16

結果
出てきませんでした。

+79%濃くしました

img_s17

結果
出てきました。

+80%濃くしました

img_s18

結果
出てきました。

+81%濃くしました

img_s19

結果
出てきませんでした。

画像検索は81%未満であれば色が変っていても判断してくれるっぽいです。

さいごに

同じ画像を探すのその先へ

今現在の画像検索であれば同じ写真を探す事しか出来ていません。
昔で言うところの、そのキーワードが入っていないと検索されないみたいな感じです。

これからはもっと進化をして、エッフェル塔が写っている個人で撮影した写真の検索結果からエッフェル塔を結果に出すようにして欲しいですね。

それに、写真販売をしている企業からすれば悪用の対策もできますよね。

写真を購入せずに加工して掲載していたりしている企業を画像検索から探し出して費用を払わせるなども可能なのではないでしょうか。

どちらにしても画像検索はもっともっと進化しつづけるのではないでしょうか。

関連記事

  1. Googleアドセンスから警告がきました

  2. ネスタリゾートを100%遊びたい人へ【宿泊あり】

  3. Google Chromeの右下に表示される通知を消す方法

  4. 自由自在被リンクの実績を制作しました

  5. メルカリで絶対にあかんバグが起きました

  6. firefoxのお気に入りの場所

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP