ちょっとした紹介やニュース

gmailの裏技発見したったったwww

gmailの裏技発見したったったwww

登録したサイトからのメールの分類がめちゃくちゃ簡単になりました

はじめに

今までサイトに登録する場合ってサイトのドメインごとに振り分け設定をしていましたが、メールが違うドメインを使っているケースもあるので、何度も振り分け設定をしないければいけないのが面倒でした。

そこで、今回はgmailの裏技的なやり方をすると一度設定した振り分け設定を変更する必要がなくなります。

注意事項

サイトによっては「+」が使えない場合があるので絶対ではないです

gmailアドレスに「+」を追加する

abcde@gmail.com

こういったメールアドレスがあったとして、そこに情報を追加します。

abcde+hoge@gmail.com

「+〇〇」を@の前に追加してもabcde@gmail.com宛にメールが届きます。

実験してみたよ

宛先に「+hoge」を入れ、タイトルに「テストメールです」と言う記載をしました。

gmail-ura0

これで実際に送信すると

gmail-ura1

このように問題なく受信できました。
実際にメールの宛先をを見てみると

gmail-ura2

このように「+hoge」が入っていました。

この裏技を使って、メールの振り分けをします。

相手じゃなくこっちを振り分け

通常、メールの振り分け設定をする場合は誰からの受信かで振り分けますよね。
ただ、「+〇」の裏技を使う事で誰宛のメールかで振り分けます。

例えば、迷惑メールで有名な楽天に登録した場合

abcde+rakuten@gmail.com

と言うメールアドレスで登録し、gmailの設定 > フィルタとブロック中のアドレス > 新しいフィルタを作成

gmail-ura3

これのtoに「abcde+rakuten@gmail.com」この情報を入れて、好きなフォルダに割り当てる事でどこに登録したメールアドレスかがわかるようになります。

楽天以外だと

  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • ameba

この辺りに登録するときも設定しておいた方がよさそうですね。

以上でgmailの裏技発見したったったwwwの説明を終了いたします。

さいごに

怪しいサイトに登録するときに

私は今まで怪しいサイトや楽天で買い物をするときは迷惑メールを送られてくる可能性が非常に高いのでサブアカウントのメールアドレスで買い物や登録をしています。

ただ、毎回ログアウトしてログインしてって作業自体が面倒なんですよね。

このgmailのちょっとした裏技?を発見してからかなり捗るようになりました。いつものアカウントで怪しいサイトに登録した物を1つのフォルダにぶち込めば「どのサイトが迷惑メール業者にリストを渡したのかがわかる」ので、どや顔したい人向けでもありますね笑

極力怪しいサイトに登録はしないようにしていますが、もしどうしても登録をしないといけない場合はこういったやり方もあります。

但し、アドレス収集が目的な場合は+から@までを削除する事も可能なので100%安心と言うわけではございません。

関連記事

  1. 川島和正のアフィリエイトはこちらから請求【無料オファー】

  2. windows10のおすすめを非表示にする方法

  3. windows10でone driveを無効にする方法

  4. ツイッターの最初に固定した内容を表示させる方法

  5. 特定のアカウントのツイートのみを通知させる方法

  6. 被リンクのページを制作しました

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP