ECキューブに商品登録する時はCSVを使おう

公開日: : 最終更新日:2016/08/09 副業で稼ぐ仕組みの作り方

ECキューブで最低限の設定が終わったら次は商品の登録です。

はじめに

ECキューブは管理画面からでも商品登録出来ますが、一気に何十商品と登録する時は非常に面倒な作業になります。そこでCSV登録すると作業効率が格段にアップします。

もくじ

注意事項

規格に関しては登録できないので、CSV登録後に管理画面で登録して下さい。

CSV登録する前の最低限の設定

必用のある項目とない項目を分けよう

デフォルトのCSV登録では必要のない項目が多いのでその項目を削除しておきます。

管理画面 > コンテンツ管理 > CSV出力項目設定 > 商品管理

まずはここにアクセスして下さい。

  1. CSVしない項目をクリックします。
  2. このボタンでCSV出力しない項目に移動させます。
  3. 全て完了するとこの内容で登録するをクリック

ちなにみ個人的に必要のない項目としては

  • コメント2
  • コメント4
  • コメント5
  • コメント6
  • メーカーID
  • メーカー名
  • 検索ワード(コメント3)
  • 備考欄(SHOP専用)
  • メーカーURL(コメント1)
  • 発送日目安ID
  • 購入制限数
  • 送料
  • 商品ステータス名
  • カテゴリ名

以上になります。これらは全て出力しないようにしました。

CSVのテンプレートをダウンロードしよう

既存の商品をダウンロードしましょ

まずはCSVのテンプレートをダウンロードしましょう。

そこで、どの項目に何を記入すれば良いかわかりにくいと思うので、現状ある情報を参考にしながらやってみましょう。

管理画面 > 商品管理 > この条件で検索する

をクリック後、商品が出てくると思いますんで

CSVダウンロードと書かれているボタンをクリックして下さい。

これでECキューブでのCSVファイルがダウンロードできます。

商品登録の準備をしよう

商品の画像や情報を掲載しましょ

まず、CSVを記入する為の情報と商品画像を用意します。

CSV画像に関してはデフォルトの状態で掲載する場合は

画像を準備しよう

画像サイズ

  • 500×500ピクセル
  • 260×260ピクセル
  • 130×130ピクセル

の三つを用意します。

そして、準備した画像をFFFTPでアップロードしておきます。

アップロード先は

/upload/save_image

の中に直接ぶち込んで下さい。

商品情報を準備しよう

文章で最低限必要な情報

  • 商品名
  • 商品価格
  • 簡単な商品説明

とりあえずはこの三つだけ決めておけばOKです。

ダウンロード販売の場合

ファイルを用意しよう。

ダウンロード用のファイルを用意しておきましょう。

用意したら

/data/download/save

にアップロードしておきましょう

CSVに情報を登録していこう

最初は細かくせんでもええよ

では、まずはダウンロードしたCSVファイルを開いてください。

ここの

  • 商品ID
  • 商品規格ID
  • 親規格組合わせID
  • 規格組合わせID
  • 親規格分類ID
  • 規格分類ID
  • 親規格分類名
  • 規格分類名

これらは無視して下さい。

ここからは私が掲載した情報を記載します。

商品名
自由自在被リンクIP分散200以上のリスト
表示ステーたる(公開・非公開)
1(1で公開、2で非公開)
一覧メインコメント
自由自在に被リンク出来る200以上のサイトをご紹介
一覧-メイン画像
ip200_130.jpg(商品用画像の130×130ピクセル)
詳細-メインコメント
IP分散率100%で自由自在にキーワードが設定出来、さらにURL登録数無制限に登録出来る<b>被リンク先のリストを200以上</b>集めました。
詳細-メイン画像
ip200_260.jpg
詳細-メイン拡大画像
ip200_500.jpg
削除フラグ
0(ゼロ)
商品種別ID
2(物販の場合は1で情報商材などダウンロード販売の場合は2)
商品コード
ip-200
在庫無制限フラグ
1
販売価格
39800(任意の価格)
ポイント付与率
10(パーセンテージなのでどんな数字でもOK)
ダウンロードファイル名
自由自在被リンク200.pdf(任意の名前)
ダウンロード実ファイル
ipbunsan.pdf(任意の名前)
商品ステータス
1
カテゴリID
1(私の場合は情報商材と言うカテゴリIDが1になります。)

ここに掲載されていない情報に関してECキューブのCSV登録では、全て空白でも問題なく登録出来る内容になります。

アップロードしよう

順調にいけばぱぱっと登録出来る

さて、いよいよアップロードです。

記入した情報に間違いがなければスムーズに登録が出来ます。

管理画面 > 商品管理 > 商品登録CSV

ここのファイルを選択と言うところに先ほど情報を入力したCSVファイルを選択してあげてください。

そして、そのページの一番下のこの内容で登録するをクリックすると終了です。

CSV登録を実行しました。と出た画面で登録した商品が表示していれば完成です。

確認してみよう

カテゴリからいけばわかります。

登録した情報が表示されていれば完全に終了です。

多分私のこの副業で稼ぐ為のブログを見て頂いている方は

/products/detail.php?product_id=4

これにアクセスすれば表示されていると思いますので確認して下さい。

※私は現在は購入できないようにしているので在庫切れと表示されています。

以上でECキューブのCSV機能を使った商品の登録方法の紹介を終了致します。

ついでのトップページのカスタマイズ

せっかくなんでメインイメージも掲載しちゃいましょう

今のトップページは寂しいのでこの画像を使った画像を作り表示させたいと思います。

まずは画像を作成し、

/user_data/packages/default/img/banner

ここにアップロードします。その次に

管理画面 > デザイン設定 > PC > レイアウト設定

この中のトップページのページ詳細の編集をクリックして下さい。

<!--
<div id="main_image">
    <a href="<!--{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}-->1" onmouseover="chgImg('<!--{$TPL_URLPATH}-->img/banner/bnr_top_main_on.jpg','bnr_top_main');" onmouseout="chgImg('<!--{$TPL_URLPATH}-->img/banner/bnr_top_main.jpg','bnr_top_main');">
        <img src="<!--{$TPL_URLPATH}-->img/banner/bnr_top_main.jpg" alt="詳細はこちら" id="bnr_top_main" name="bnr_top_main" />
    </a>
</div>
-->

 


<div id="main_image">
    <a href="<!--{$smarty.const.P_DETAIL_URLPATH}-->4" onmouseover="chgImg('<!--{$TPL_URLPATH}-->img/banner/TOPimg_on.jpg','bnr_top_main');" onmouseout="chgImg('<!--{$TPL_URLPATH}-->img/banner/TOPimg.jpg','bnr_top_main');">
        <img src="<!--{$TPL_URLPATH}-->img/banner/TOPimg.jpg" alt="詳細はこちら" id="bnr_top_main" name="bnr_top_main" />
    </a>
</div>

変更した内容は

  • コメントアウトの削除
  • 画像のファイル名の変更
  • リンク先の変更

の以上3点の変更をしました。

最後にトップページを確認して、問題なければ完了です。

さいごに

知ってるのと知らないとのでは差が出てきます

ECキューブで商品登録する時は、管理画面で登録してもかまいませんが正直画像の変更があった時や、大量に登録する時って面倒ですよね?

実際にそこまで難しい話ではないのでこの方法を覚えたら楽になりますよ!

関連記事

新しいユーザー権限が作れるUser Role Editor

ワードプレスで新しい権限を作れるって知っていましたか? はじめに 新しいサイトを作成している

記事を読む

Gmailとサクラのメールの連携する方法

Gmailとさくらサーバのメールを連携させる方法のご紹介です。 はじめに 普段からGma

記事を読む

スマホ画面の下にPC切り替え可能なワードプレスプラグイン

スマホ用のデザインの下にPC用の切り替えボタンを簡単に導入する事が出来るワードプレスプラグインをご紹

記事を読む

GoogleのWEBフォントを導入してみた

過去にもwebフォントに触れている記事は多いですが、googleさんのwebフォントの記事を書いてい

記事を読む

contact form 7を全ページに表示させ記事と連携させる方法

コンタクトフォーム7を使って記事や固定ページと連携させる方法をご紹介いたします。 はじめに ショ

記事を読む

一つのプラグインで最低限の機能が揃うJetpack

ワードプレスには自分の好きなプラグインを入れる事ができますが、沢山いれすぎると動きが遅くなってしまい

記事を読む

アクセストレードの登録方法

アクセストレードの登録方法です。 はじめに 副業でアフィリエイトをしたい方で色々なASP

記事を読む

PHPの中にPHPを入れたい人の為のヒント

PHP初心者によくある疑問点PHPの中にPHPを入れる事が出来ればと言う疑問点のヒントをご紹介い

記事を読む

no image

カスタムフィールドを使ってリンク先のスクリーンショット画像を掲載させる方法

ワードプレスにはスクリーンショットをキャプチャして画像にするプラグインは出ていますが・・・。 はじ

記事を読む

ワードプレスのシンプルな営業日カレンダーBiz Calendar

店舗経営しているなら見ている人の為に一目でわかる営業日カレンダーって欲しいですよね。 はじめに

記事を読む

Message

現在の総記事数: 321件

【EC-CUBE】管理画面に色々な箇所のファイルを呼び出す方法

ブロックで作成した情報以外からも情報を取得したい場合はこちらの情報が参

【画像あり】XAMPPを使ってPHPの動作確認方法

PHPの動作確認をするのにXAMPPは絶対に必要です。 はじめに

【画像あり】XAMPPの誰でもわかるインストール方法

これからPHPを勉強しようと考えている人の強い味方XAMPPのインスト

PHPのランダムを任意の数だけ表示させる方法

PHPのランダムを使い方をもう少し調べたらこんな使い方ができました

ECCUBEのポイント関連のバグ

最終保持ポイントがマイナス表示にならないように調整して下さい。って出て

→もっと見る

PAGE TOP ↑