副業で稼ぐ仕組みの作り方

【EC-CUBE】ブロックで作成したtplファイルを呼び出す方法

投稿日:2018年9月8日 更新日:

EC-CUBEで管理画面からブロックを読み込む簡単な方法をご紹介いたします。

はじめに

EC-CUBEのブロックで作成したtplファイルを管理画面のコンテンツ内に表示させる方法をご紹介いたします。

注意事項

私の使用しているバージョンは2.12です

とりまphpから

<!--{include file=`$smarty.const.TEMPLATE_REALDIR`frontparts/bloc/〇〇〇.tpl}-->

このコードを使う事でブロックで作成したtplの情報を取得する事が出来ます。

さいごに

tpl読み込みは捗る

EC-CUBEのブロックを作って、そこの情報をそのまま表示させたいなと思った時に見つけた情報です。
とりあえずこれを覚えておけばブロックで作成した情報は表示できるので嬉しいな

-副業で稼ぐ仕組みの作り方
-,

執筆者:


comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

WordPressのfeedが9時間ずれてしまう時の改善方法

ワードプレスの新着情報を取得する時にfeedから取得している人って多いですよね。ただ、feedから取得すると表示時間がおかしくなってしまっている事ありませんか?

EC-CUBE特定の商品ステータスのみを特定の箇所に表示させる

代引きが出来ない商品やメール便が対応できない商品を目立たせたい時などに利用できます。

さくらサーバーでワードプレスの無料SSLを導入してみたよ

さすがにそろそろSSL化しないといけないのでやってみたよ

EC CUBEでSSLページのみに表示させる方法

EC CUBEでSSLページにだけ違うデザインをしたい時に使えるコードです。

ECCUBE3の商品CSV登録が簡単でした

毎回トラブルがあるCSV登録ですがECCUBE3では結構すんなり登録が出来ました。

人気の副業記事(24時間で更新)