Googleアナリティクス一覧のセッションなどのデータが表示されなくなった

公開日: : 最終更新日:2017/04/29 稼ぐ為の集客方法

久々にGoogleアナリティクスを見たらデータが表示されなくなっていた・・・

はじめに

Googleアナリティクスの仕様が変わったのがセッションや直帰率が表示されなくなっていました。
そこで、情報を表示させる方法をご紹介させて頂きます。

注意事項

新しい仕様?の可能性があるのでとりあえず表示されるまでは今回ご紹介させて頂くやり方でしのいでください。

あれ?表示されていない?

googleアナリティクスにログイン後セッション情報などが表示されている一覧ページのデータが表示されなくなっていました。

あれ?もしかしてデータが全部消えた?と思い、各ページを見てみるとこのようにデータは残っている

と言うことはgoogleアナリティクスの一覧ページのみデータが表示されなくなってしまっていました。

一覧に表示させる方法

調べてみると一覧ページに表示させることが出来るみたいです。

一覧ページに表示させたい項目の★をチェックし右下の「表を更新」をクリックします。

すると、このように★をチェックした箇所のみセッションなどの情報を表示させることが出来ました。

もし、登録しているサイト数が非常に多い場合はチェックを入れるのが面倒なのでフォルダの★にチェックを入れる事でまとめて表示させることが出来ます。

レポート情報

今回の方法はGoogle アナリティクス のレポートに書き込みがありました。

レポート内容はこちら

もし情報の更新があれば親切な誰かが教えてくれると思います

以上でGoogleアナリティクス一覧のセッションなどのデータを表示させる方法の説明を終了致します。

さいごに

今だけちゃうかな

googleの事なんで、ずっとこのままってことはないと思います。
今現在だけの仕様だと思うのでとりあえずは待つしかなさそうですね

私は多数のサイトを運営していますが毎日アクセス解析を見る事も今はないのでデータさえとれれば良いかなと考えています。

SEOの会社やHP制作などのWEB関連の会社は、今回の仕様変更?は非常に面倒なんじゃないかなと思います。

関連記事

QRコードを簡単に作る方法

スマートフォンの普及からQRコードを導入している企業も増えてきましたね。そこで非常に簡単にQRコード

記事を読む

yahooリスティング広告の申し込み方法

yahooリスティング広告に申し込みする方法をわかりやすくご紹介 はじめに 今まではSE

記事を読む

SEO対策の実験サイトを制作しよう

集客する為のサイトを作る為に実験サイトを作る事でのちのちかなり役立つ資産になってきます。

記事を読む

ワードプレスで特定の固定ページの子ページのみを表示させる

ワードプレスって本当に便利ですね!こんなに簡単に特定の固定ページの小ページを取得できるのです。 は

記事を読む

記事の書き方【ワードプレス】

ブログの書き方は集客する際に気を付けなければいけません。記事を見やすくする方法だけでなく、Googl

記事を読む

さくらサーバーにドメインを移す【移管方法】準備

ドメインを初めて移す方は不安ではありませんか?今回はさくらサーバーへの移管方法を詳しく説明させて頂き

記事を読む

googleマップの登録方法

今では店舗を構えるなら当たり前になっているgoogleマップ。今回はこのgoogleマップの登録方法

記事を読む

GoogleMapの噴出しを消す方法

GoogleMapの噴出しって地図を埋め込んだ場合結構邪魔ですよね はじめに ホームページで

記事を読む

シーサーブログにメニューを作る方法

シーサーブログを使って集客を意識したメニューの作り方をご紹介いたします はじめに シーサーブ

記事を読む

no image

独自ドメインの選び方

独自ドメインを使いたいけど、自分はどんな名前のドメインにすれば良いのかわからない。そんな人向けの選び

記事を読む

Message

現在の総記事数: 317件

ECCUBEのポイント関連のバグ

最終保持ポイントがマイナス表示にならないように調整して下さい。って出て

ECCUBEの検索に商品IDを追加させる方法

ECCUBEはデフォルトだと検索機能は非常に弱いです。 はじめに

EC-CUBEで各カテゴリーページに情報を表示させる方法

EC-CUBEでカテゴリーページごとに情報を入れる方法をご紹介

windows10のおすすめを非表示にする方法

windows10に変わってからめっちゃうっとおしくなってきましたね

PHPの中にPHPを入れたい人の為のヒント

PHP初心者によくある疑問点PHPの中にPHPを入れる事が出来れば

→もっと見る

PAGE TOP ↑