Jetpackのパブリサイズ共有

公開日: : 最終更新日:2014/05/24 副業で稼ぐ仕組みの作り方 , ,

ブログ投稿するだけじゃなく、ツイッターやフェイスブックにも共有したいですよね

はじめに

ワードプレスのプラグインJetpackのパブリサイズ共有についての説明をさせて頂きます。

注意事項

パブリサイズ共有をする前に、各SNSのアカウントを作成しておきましょう
登録の方法は簡単でしたがgoogle+は少しややこしかったので注意して下さい。

Jetpackのパブリサイズ共有についての説明

pabu1

サイトを人気のソーシャルネットワークに接続し、新しい記事投稿を自動的に友達と共有できます。
パブリサイズ共有を使うとブログを人気のソーシャルネットワークサイトに連携して新しい記事投稿を自動的に友人へシェアできます。→ 自分だけまたはブログ上のすべてのユーザーとの連携を選択できます。

パブリサイズ共有を使うと、Facebook・Twitter・Tumblr・Yahoo!・Linkedin で記事投稿を共有できます。

パブリサイズ共有の設定をしよう

アクセスしてみよう

まずは管理画面上のツールをクリックします。

pabu2

そして、その中に共有と言う項目が出ているのでそちらをクリックして下さい。

pabu3

各種設定をしてみよう

pabu4

Jetpackのパブリサイズ共有では書かれている通り

  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedln
  • Tumblr
  • Path
  • Google+

以上6つのSNSの登録をする事が出来ます。私はFacebook、Twitter、Google+の3つを利用しているので今回はこの3つの設定方法もご紹介させて頂きます。

Twitterの設定方法

まずはTwitterの設定方法になります。

pabu5

まずは連携をクリックします。するとTwitter側に移動します。

pabu6

ユーザー名とパスワードを入力し、連携アプリを認証と言うボタンをクリックします。

pabu7

すると「アプリケーションに戻ります。しばらくお待ち下さい。」と表示が出た後、自動的にワードプレス側に戻ります。

pabu8

するとブログをTwitterアカウントに連携しましたという表示が出ます。

pabu9

連携アカウントに出ていればTwitterのパブリサイズ共有の設定が完了です。

Google+の設定方法

次にGoogle+の設定方法をご紹介させて頂きます。

pabu10

連携ボタンをクリックします。

pabu12

次にアカウントを選択します。

pabu13

このままの状態で承認するボタンをクリックしても反映されませんでした。そこで

pabu14

あなたのサークルから、一般公開に変更して承認するをクリックして下さい。

pabu15

すると、ブログをGoogle+アカウントに連携しました。と出ます。

pabu16

このようにGoogle+の横にアカウントが表示されると完成です。

Facebookの設定方法

最後にFacebookの説明方法をご紹介させて頂きます。

pabu17

Facebookの連携ボタンをクリックします。

oabu18

次にWordPressは次の情報を受け取ります。と言うボックスが出るのでOKボタンをクリックします。

pabu19

WordPressがあなたの代わりにFacebookに投稿する許可を求めています。と出るのでここも同じくOKボタンをクリックします。

pabu20

WordPressがFacebookページの管理を求めています。と出るのでここでもOKボタンをクリックします。

pabu22

私の場合はFacebookページを作っているので、そのページを選択します。

pabu21

連携アカウントに名前が出ていると完成です。

アカウントの削除方法

次に間違ったアカウントを登録してしまった際の解除方法をご説明させて頂きます。

pabu23

各パブリサイズ共有のアカウント名の右側に×マークが出ているので、この×マークをクリックします。

pabu24

すると「本当にこの連携のパブリサイズ共有を停止しますか?」と出るのでOKをクリックして下さい。

pabu25

するとアカウント連携をする前の状態に戻りました。

実験してみた

せっかくなんでパブリサイズ共有が設定されているか実験してみました。

ワードプレス側で記事の投稿をしてみます。

pabu26

投稿する内容はこういった内容ですが、パブリサイズ共有した先では要約した内容にする事も可能です。

pabu27

編集をクリックします。

pabu28

チェックボックスではブログを投稿した際にどのSNSに表示させるかの内容になります。そして、その下のカスタムメッセージではツイッターなどの文字数制限があるものを意識した文字数で投稿して下さい。

実際に見てみよう

まずはブログから

pabu29

ブログの投稿画面ではこのように出ています。

Google+

pabu30

Facebook

pabu31

このようにブログ側で登録をするだけで様々なSNSに記事を共有する事ができるので便利ですね。

さいごに

集客を意識するのであれば必ずしておくべき

ブログだけを使ってアクセスを集めるよりもツイッターやフェイスブックなど、さまざまなSNSからブログにアクセスさせるような仕組みを作り上げる事で少しではありますが、アクセスも増えていきます。

ツイッターなんて使っていない人やフェイスブックをしていない人も沢山いらっしゃるかと思いますが、逆にツイッターしかしていない人やフェイスブックしかしていない人も存在します。

なので、とりあえず表示させておく事でそこから思わぬ集客力を生み出せる可能性もあります。

やっておいて損はないって感じですかね

ただアクセス解析を見ても、SNSを入れたからと言って、そんなにアクセスは伸びていませんでしたがやらないよりかはマシって感じですかね

SNSにはSNSの攻略法があるんだろうなぁ

広告

関連記事

無料のお問合せフォームの作り方【FC2】

今回は無料で使えるFC2のお問合せフォームの導入方法をご紹介いたします。 はじめに お問

記事を読む

データベースのテーブルの追加と削除

もとからあるシステムのデータベースをいじるのって素人には勇気がいる内容ですよね。 はじめに EC

記事を読む

新しいユーザー権限が作れるUser Role Editor

ワードプレスで新しい権限を作れるって知っていましたか? はじめに 新しいサイトを作成している

記事を読む

SEO対策で絶対にしてはいけない事

SEO対策をしていく上でしてはいけない事を今回はご紹介させて頂きます。知識があるのと知識がないのとで

記事を読む

画像を特定のサイズで表示させる方法WordPress

カスタムフィールドで登録した画像を指定のサイズで表示させる方法をご紹介いたします。 はじめに

記事を読む

Gmailとサクラのメールの連携する方法

Gmailとさくらサーバのメールを連携させる方法のご紹介です。 はじめに 普段からGma

記事を読む

Jetpackのスペル&文法チェック

日本語であれば特に必要のない機能ですね。 はじめに 日本語は他国の言語に比べて文法が非常に難

記事を読む

売れる商品画像は影が必須

ドロップシッピングやショッピングサイトを運営している方に一度やって頂きたい画像の作り方をご紹介いたし

記事を読む

カスタムフィールドを使って計算 WordPress

ワードプレスのカスタムフィールドと言う機能を使って計算する方法をご紹介いたします。 はじめに 最

記事を読む

コンタクトフォーム7からの迷惑メールを防ぐ方法

コンタクトフォーム7を入れたけど、今度はここから迷惑メールが来ることが増えます。迷惑メールをブロック

記事を読む

広告

Message

広告

現在の総記事数: 292件

GoogleのWEBフォントを導入してみた

過去にもwebフォントに触れている記事は多いですが、googleさんの

yahooリスティング広告のオプション登録は必須

広告の下に出てくるリンクは絶対に設定しておきましょう はじめ

2017年最新版 メルカリで受取評価してくれない時の対策

メルカリを利用していると変なお客さんにあたる場合があります はじめに

Googleアナリティクス一覧のセッションなどのデータが表示されなくなった

久々にGoogleアナリティクスを見たらデータが表示されなくなっていた

yahooリスティング広告で広告を作るまでの流れ

yahooリスティング広告でキャンペーンの作成から広告の登録までをご紹

→もっと見る


  • ここでは副業での稼ぎ方や、誰でも簡単に稼げる副業のジャンルなどを紹介しております。 今の所、平均して月に15,000円ほど副収入があります。
    • エステコスメ エステ化粧品やエステコスメの通販サイトです。一般の方でもエステサロンで使用しているコスメを激安価格で購入出来ます。
    • エステ用品 エステ用品のMOCOエステです。新規開業を考えているエステサロン様向けに卸価格でご提供させて頂きます。
    • サロン集客 サロン集客に悩んでいる人向けに完全無料で集客方法を公開しております。インターネットを使う事で0円でサロン集客する方法もお教えいたします。
    • ヒートマット 遠赤外線ヒートマットシリーズは入ると滝に打たれたような発汗を体験できます。サロン様から一般の方までご利用いただけます
    • フェイシャルスチーマー 業務用だけでなく、一般の方も使用出来るフェイシャルスチーマーを詳しく説明しているホームページです。
    • 美容室のホームページ制作 美容室やエステサロン、ネイルのホームページ制作です。3万円台から制作も出来るので予算のないサロン様にも対応しております。
PAGE TOP ↑